「開運印鑑のススメ」 サイト概要

「開運印鑑のススメ」サイト概要ページです。当サイトでは印鑑で開運するための基礎知識として。印鑑の正しい押し方や開運印鑑の概要、開運印鑑の印材や字入れの際に考える開運用の姓名判断などについてご紹介しています。各ページの説明は下記をご参照下さい。

ページ入り口

家屋には家相、人には人相や手相といったそれぞれの特徴があるように、印鑑(はんこ・印章)にも印相があることをご存知でしょうか? 過去に行った行いや思いが原因となって人相や手相に現れ、今現在送っている人生やこれから歩んでいく人生に結果として現象化していきます。 生まれたあと一人ひとりに与えられる名前も、それぞれが過去世で行ってきた事が原因となって、その人に合った名前が必然的に名付けられるというわけです。因果によって具象化された手相や人相を自由自在に作り変えることは不可能ですが、印鑑(はんこ・印章)であれば印相を吉相にすることが可能です。印鑑を吉相にするも凶相にするも貴方自身の思い一つ。印鑑は、持ち主の運を開運にもって行ける手段として最高にうってつけの開運アイテムと言えるのです。

印鑑の正しい押し方

「印鑑の正しい押し方」ページでは、印鑑(はんこ・印章)を使用する際、紙面に印影(印鑑に彫られた文字が紙に写された様子)が綺麗になるようにするための心構えと、正しい押し方についてご紹介します。

開運印鑑とは

印鑑はその持ち主の人生を左右する神秘的な道具。人生をより幸福にするためにも開運印鑑を作ってみてはどうでしょうか。 印にある「印相」の吉凶は持ち主の運命を左右する驚くべき神秘を備えているのです。人生は常に幸か不幸か、生か死かの岐路にたつことばかり。人生をよりよいものに、幸福なものにするためにも当サイトでは開運印鑑をオススメしています。このページでは印相における凶相印について、開運印鑑の条件についてご紹介します。

印章の歴史

印鑑(はんこ、印章)は、自然界の中で生かされている、言わば人間の命の証とも言える大事な道具です。また、印鑑は財産を自分に代わって守ってくれる上に、自分の権利をも主張してくれる分身とも言える存在。したがって、印鑑(はんこ、印章)には石や金属では無く、命ある生命体を印材に用いる事が必要となります。

姓名判断・五格分類法

姓名判断における「画数判断」についてですが、実際のところ完全に吉数となっている画数を名前を持っている方はいないそうです。 仮に画数を合わせても不釣り合いな漢字や韻のよくない読み方もあるため、最初から吉数となっているのはごく稀ということです。 この場合は、むしろ吉数ではない画数の部分が人としての個性になると考えられています。このページでは、印鑑に彫りいれる姓名の分類法である五格分類法についてご紹介します。

姓名判断・五行

五行とは、万物を司る不文律「木」・「火」・「土」・「金」・「水」という五つの気がこの順序で回りつつ相互に影響しあうという 原理を説いたものです。このページでは、開運印鑑とするために印として彫りいれる姓名を吉とするための姓名判断として「五行」についてご紹介します。

五行から見た印材選び

印鑑やはんこ(印章)につかわれる素材には石や金属では無く、命ある生命体を用いたほうが望ましいでしょう。五行鑑定で現された人画=主運にはその持ち主に合った幸運をもたらす専用色があり、その色によって印材が決まっています。このページでは「姓名判断・五行」でも解説した五行を踏まえた上での印材選びについてご紹介します。

印材の手入れ

このページでは、「五行から見た印材選び」でも紹介した「象牙」や「琥珀」、「黒水牛」などの様々な印材の手入れ方法についてご紹介します。
■当サイトはリンクフリーです。ご連絡を頂かなくともご自由にリンクを張ってもらって構いません。