姓名判断・五格分類法

姓名判断における「画数判断」についてですが、実際のところ完全に吉数となっている画数を名前を持っている方はいないそうです。 仮に画数を合わせても不釣り合いな漢字や韻のよくない読み方もあるため、最初から吉数となっているのはごく稀ということです。 この場合は、むしろ吉数ではない画数の部分が人としての個性になると考えられています。このページでは、印鑑に彫りいれる姓名の分類法である五格分類法についてご紹介します。

「五格分類法」と「姓名鑑定法吉凶」の数字

五格分類法とは、姓名を「天格」、「人格」、「地格」、「総格」、「外格」の五つの格に分類し、これらそれぞれの画数から吉凶を判断するという方法です。下記に五つの「格」についてご説明しますのでご参照下さい。

天格

天格とは姓の画数の合計のです。先祖代々及び家族全体の運勢をあらわしています。個人的な吉凶には関係がない部分となります。

人格

人格は主運の部分で、姓の下の字と名の上の字との合計となります。主に中年期から一生の運勢の動向をあらわしています。 性格や適正、職業運の吉凶を見る格となっています。

地格

地格は前運の部分で名前の画数。主に少年期から人生中盤までの運勢をあらわしています。人格部の作用に影響を及ぼす格となります。

総格(後運)

総格は後運であり、姓名の全部を合計した画数となります。主に人生の後半期の運勢を表しています。 仮に他格が凶数であっても、総格に吉数があれば凶運を乗り越え成功をおさめることができるでしょう。

外格(副運)

外格は副運としての部分で、姓の上と名の下の画数の合計となっています。家族関係や夫婦縁対人事面などの運勢をあらわしています。 女性で吉数なら縁談に恵まれるようになり、男性なら昇進や適職に励めることでしょう。人格の補運として、性格や職業運に強い影響力を及ぼしている部分です。

画数による吉凶

画数による吉凶を下記に一覧にてご紹介いたします。是非ご参考下さい。

「非常に良い」とされる画数

5 / 11 / 13 / 15 / 24 / 31 / 32 / 35

「良い」とされる画数

1 / 3 / 6 / 7 / 8 / 16 / 17 / 18 / 21 / 23 / 25 / 29 / 33 / 37 / 38 / 39 / 41 / 45 / 47 / 48 / 51 / 52 / 53 / 55 / 57 / 58

「あまり良ろしくない」とされる画数

2 / 4 / 9 / 10 / 12 / 14 / 19 / 20 / 22 / 26 / 27 / 28 / 30 / 34 / 36 / 40 / 42 / 43 / 44 / 46 / 49 / 50 / 56 / 59

「よろしくない」とされる画数

54 / 60

おすすめWEBサイト 5選

スカイグループ
http://www.sky-g.net/

2017/1/25 更新

■当サイトはリンクフリーです。ご連絡を頂かなくともご自由にリンクを張ってもらって構いません。